第9回 音楽大学 オーケストラフェスティバル

すこし遠そうなので今まで一度も訪れたことがなかったのですが、どうしても「第9回 音楽大学 オーケストラフェスティバル」に行きたいと思い、今回初めて川崎にあるミューザ川崎へ行きました。



川崎に来る前にいた「新橋での大事件」で、着く頃にはクタクタでしたが、どうにか到着。

 

自由席だったのか指定したのか覚えていないのですが、席は1C4列35番。

見た瞬間、一列目だったので”あちゃー、首痛い席だな”って思ったんです。

 

ところが、、、、ステージ上の高さが膝丈くらいしかないんですね。会場の席とステージの一体感ハンパない!そして、首が痛くないのに一番前

中の写真は撮られないので、外に設置してある画面のみパチリ。

曲目は東京藝大による「管弦楽のための協奏曲 – バルトーク」と武蔵野音大による「交響曲 第9番 ニ短調 作品125(合唱付 -ベートーヴェン)」。

藝大の演奏もとても素晴らしかったのですが、そのあとの第九が素敵で記憶は「第九」一色。

というのも、考えて見たら、全楽章を通して合唱付きで聴いたのはおそらく初めて。

よく聞くサビしかそういえば知らなかったのだ・・・。と今更気がつき、しかもこんなに長い曲で、合唱は最終楽章まで出てくない・・・ということも初めて知りました。

合唱のあの有名なフレーズまでの間のテノールとバスの歌い始めなど聴いたのは初めてだと思いますが70人くらい合唱の人が居て、歌声の圧が目の前まで迫って来る感じで圧倒されました。

「1万人の第九ってきっとこの比じゃないな・・・」と思ったり。

とにかく良かった!きて良かった!今日のいろいろ大変なことも吹っ飛ぶ喜びの中帰宅しました。


PVアクセスランキング にほんブロ
グ村

↑↑応援よろしくお願いします❤️↓↓

【気ままに相撲ライフ】

以下、備忘録

 

  • 管弦楽のための協奏曲 – バルトーク

  • 交響曲第9番《合唱付き》 – ベートーヴェン

 

おまけ:素敵なバッグ

 

 



コメントを残す

Scroll To Top