今年もパナソニック 汐留ミュージアムのルオー展へ

今年も行ってきました。パナソニックミュージアムの「ジョルジュ・ルオー展



 

今年のルオー展のタイトルは、「特別展 ジョルジュ・ルオー 聖なる芸術とモデルニテ」。

パンフレットPDF  /  作品リストPDF )

昨年は「カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」でしたが、今年は全部ルオー作品。

 

今年は一枚、写真撮影OKの作品がありました。

ステンドグラス作品です。

 

綺麗ですね。

写真はないけど、印象に残った作品名と作品が見られるリンクは以下。

《青い鳥は目を潰せばもっとよく歌うだろう》

《聖顔》

《ヴェロニカ》

《我らがジャンヌ》

《聖心》

《受難(エッケ・ホモ)》

 

ところで、実はこの後・・・。「受難」を見た後に災難が待っていました。

 

事の発端。

今日は家からここまでJRできたのですが、Suicaを使ってやってきました。

そして、新橋からミュージアムまで5分ほど歩き、ミュージアムへは「ぐるっとパス」で無料で入館。

そして、さあ帰りにいつものように気に入った作品のハガキを買おうとショップでレジに並びます。

さて、そこで初めて気がつくのです。

 

財布がない!!!!

そう、家から出て一度も財布を使う必要がなかったので気がつきませんでした。

しかも、お金がないのではなく「財布」がないので、現金もカードもクレカもありません。

唯一あるのは、JRの入場券程度のスイカカード(ただし解約すれば490円にはなるけど。)

今日はこの後まっすぐ川崎の演奏会に行く予定なのに、いけない!

 

というわけで、1時間半くらいの時間をロスしましたが、財布を取りに帰る・・・という事件がありました。

みなさん、こんな経験ありますか?

キャッシュレスになってきているので、私は財布が入ってるかどうかチェックしなくなってしまいそうです(╥ω╥`)

 


PVアクセスランキング にほんブロ
グ村

↑↑応援よろしくお願いします❤️↓↓

【気ままに相撲ライフ】


コメントを残す

Scroll To Top