フィンランドとエストニアの音楽を聴きに『FINEST WORLD SOUNDS』へ

今夜は渋谷の宇田川町にあるライブハウス WWW で開催される『FINEST WORLD SOUNDS』へ。



→泊まってみたいホテル・宿に出会えるかも。

フィンランドとエストニアから ワールド・ミュージックのショーケース」というタイトルに惹かれて、かなり前に申し込んでいたイベント。

会場より早くついてしまったのですが、もう結構並んでいたので、並んで待つことに。

 

今回のイベントは、フィンランドとエストニアから”音楽シーンの最先端を行くアーティスト5組が来日。

・・・とあり、さらに”日本のリスナーのための無料のショーケース公演を開催します。”とのことだったので、とても楽しみにしていました

>フィンランドからは3組

  • 気鋭のアコーディオン奏者アンティ・パーラネン
  • カンテレと歌で独自の世界を作り上げるマイア・カウハネン
  • アカペラヴォーカルグループのトゥーレタル

>エストニアからは2組

  • 今もっとも注目されているアコースティック・グループ、カーリー・ストリングス
  • 南部エストニアの豊かな自然の影響を受けている女性シンガー・ソングライターのマリ・カルクン

ライブハウスはスタンディングタイプ。

三時間の予定なので、たっぷり聴けました

1組目はマリ・カルクン(Mari Kalkun)、大自然に包まれたような気分になる音楽です。

そして次はカーリー・ストリングス。初めて聴いたのですが、弦楽を演奏しながら歌も歌うという・・・!ヴァイオリンを弾きながら歌う人、初めて見ました!!

ヴァイオリンに顎をのせずに肩に置きながら弾いて歌ってる感じ。そして、あのマンドリン。ヴィオラっぽいデザインで素敵

彼らの演奏、初めて聴いたけどすっかりファンになりました

 

途中、”マイア・カウハネン”の歌に”トゥーレタル”がコーラスとして参加するという今夜だけの特別企画があったりして、素敵でした。



にほんブ
ログ村 クラシックブログへ

↑↑応援よろしくお願いします❤️↓↓

【気ままに相撲ライフ】
〜以下、音楽メモ〜

 

Tuuletar

Antti Paalanen



コメントを残す

Scroll To Top