心残りをひとつ克服しました。

もう、それは遥か昔・・・。

小学生の頃、毎朝ピアノを弾いていた頃の心残り。



PVアクセスランキング にほんブロ
グ村
↑↑応援よろしくお願いします❤️


 

コロナの影響で家にいる時間が格段に増え、いつもなら指を動かす程度にしか電子ピアノに触れないのですが、最近は新しい楽譜に目を通してみたり、学生時代に好きだった曲をもう一度弾いてみようとトライしてみたり。

 

さて、冒頭の心残りというのは。

あの頃、アマチュアのオケに入っていて、ピアノがとても上手な親友が私にピアノの手ほどきをしてくれていたのですが、初見で難度Eくらいまでならすぐ弾いちゃうし、私に別れの曲(ショパン)を教えてくれたのも彼女でした。

 

ある日、とても弾いてみたいと思い練習を始めた「幻想即興曲(ショパン)」が、どうしても右と左の3拍子&4拍子で拍がとれなくて、チグハグになるので、親友に相談。

 

すると、3日後くらいに、”う〜ん、二つ目の音と、半分のところでだいたい合うようになってるからこんな感じ〜。”

 

と、さらって弾いてのけた!!!

 

 

これが、「幻想即興曲(ショパン)」挫折の物語。

なんか、友人が上手すぎて悔しいのか弾けない自分が残念なのか、腹立たしいのか・・・よくわからないけど、家に帰ってから人知れず涙を流したことは覚えている。

そして、その曲を二度と弾こうと思うことはなかった。

 

で、時は戻って2020年。

最近、小学生の時に三拍子と四拍子で挫折したこの曲と向き合って、書籍部屋に詰め込まれてた電子ピアノに毎日向かってる。

 

まさかこの人生で”もう私には弾けないのだ。”と思って諦めていた曲を克服する日が来るとは。

 

人生は本当、わからない。

 

 

 


PVアクセスランキング にほんブロ
グ村

↑↑応援よろしくお願いします❤️↓↓

【気ままに相撲ライフ】



コメントを残す

Scroll To Top