東京都美術館で開催中の「藤田嗣治 展」へ

今日は開催前から行きたかった「没後50年〜 藤田嗣治 展」へ。



→泊まってみたいホテル・宿に出会えるかも。

10/8までの開催期間も残すところ後10日あまり。

没後50年〜 藤田嗣治 展」!やっと来られました♪

 

芸術の秋。

今日の予定は「藤田嗣治 展」と同時開催の「おべんとう展」。

そしてこの後も、行きたい企画展示の予定が続くので買うなら今!!

 

・・・と、まずは「ぐるっとパス」を購入。

去年も購入してだいぶお得だったので、今年もGETです。

対象の92施設で初めに利用した日から2ヶ月間有効という期限付きなので、自分が行きたい企画展や行けるかどうかの予定を確認してから購入すると、だいぶお得に美術館など回れるのでおすすめ💕

過去のぐるっとパスブログはこちら

 

さて、駆け込みでたくさんの人が来ているかなーと思ったのですが、思っていたより並んでいません。

よかった٩(๑❛ʚ❛๑)۶

 

混んでいないと思ったのですが、作品数残り1/3くらいで混んで来て前に進めず、思った以上に鑑賞に時間がかかってしまいました(╥ω╥`)。

が、来て本当に良かったです( ¤̴̶̷̤́ ‧̫̮ ¤̴̶̷̤̀ )

まず一番に思ったことは、企画展示などはだいたい1/3~1/2の作品は本人の展示でもその他の展示は関係する人やその時代などの作品だったりするのですが、こちらの「藤田嗣治 展」は130弱の作品すべて彼の作品なんですよね!

これってすごい。

作品についてはどれも個性豊かで、美術に全然詳しくない私でも”らしさ”を感じられたように思います。

細く墨でとらえた線や、グラフィックでいうところの光彩というかドロップシャドウ的というかそんな感じの表現と筆の流れが特に目を引きました。

あとは作品中の木目のリアル感や布に表した細かい絵と、それとは対象的な人の柔らかい感じが印象的でした。私の好きなパリが多数作品になっていてそちらも良かったです。

それにしても藝大卒だったんですね。

作品がちょっと覗けるサイト:http://www.polamuseum.or.jp/collection/highlights4/

9/30 追記:この缶バッジに触発されて私も缶バッジをつくっちゃいました•ू(ᵒ̴̶̷ωᵒ̴̶̷*•ू) ​

 

ところで、本当は同日行こうと思っていた「おべんとう展―食べる・集う・つながるデザイン」。

時間が足りなかったので後日行くことに。

 

そして、「ルーベンス展」もそろそろ。楽しみです!

 



にほんブ
ログ村 クラシックブログへ

↑↑応援よろしくお願いします❤️↓↓

【気ままに相撲ライフ】


 

 

コメントを残す

Scroll To Top